TOP >  年代別一覧 > 1980年代 > オサイチジョージ列伝 ~さらば、三強時代~

オサイチジョージ列伝 ~さらば、三強時代~

『初代キング・オブ・ダート』

 この日のレースは、人気薄のシンウインドの逃げから始まった。オサイチジョージと丸山騎手は、2番手に取りついた。後方待機を決め込んだ安田記念とは、全く違う戦法だった。

 オグリキャップは、この時4番手と絶好の位置をキープしており、勲章をひとつ加えるにはなんの障害もないと思われていた。そんなオグリキャップに立ちはだかる最大のライバルであるイナリワンは、後ろから2番手につけ、直線一気の差し切りを狙っていた。

 丸山騎手は、この展開を読んでいた。スーパークリークがおらず、最後方にイナリワンがいる展開ならば、オグリキャップにとって一番恐ろしいのは、早仕掛けで最後にバテたところをイナリワンに差し切られることである。オグリキャップは、仕掛けをなるべく遅らせようとするに違いない。ならば、オグリキャップの後ろから行って瞬発力勝負にしたところでかなうはずがない。

「早めに前に行って、オグリが追いかけてきても届かないように粘り込もう・・・」

 それが、安田記念で後方からレースを進めた結果、オグリキャップはおろかヤエノムテキにも届かなかったことから得た、丸山騎手の作戦だった。

『衝撃、走る』

 オサイチジョージは、第4コーナーで楽な手応えのまま先頭に立った。オグリキャップは、まだ2、3馬身後方にいた。しかし、その時ファンのほとんどは、数十秒後に何が起こるかをまったく予測していなかった。オグリキャップが差し切るには、十分な位置と思われたからである。

 ところが、次に展開されたのは、多くのファンが予想もしない光景だった。伸びて来るはずのオグリキャップが、いっこうに来ない。むしろオサイチジョージに突き放され、追い込んできたヤエノムテキにかわされそうである。

 オサイチジョージは、終始2番手で来たとはいえ、ハイペースという訳でもなかったから、余力は十分に残していた。縮まるはずの差が縮まらず、むしろ広がっていく。この時オグリキャップに騎乗していた岡潤一郎騎手は、いくら鞭を飛ばしても手前を換えず、伸びても来ないオグリキャップに焦るばかりだった。

 あれよあれよという間に、オサイチジョージはゴール板に真っ先に飛び込んでいった。オグリキャップは3馬身半も離され、逆に3着ヤエノムテキに半馬身差まで詰め寄られる始末だった。イナリワンも、追い込んで届かないまま4着に終わった。

『最初で最後の・・・』

 オサイチジョージが勝者となった背景に、この日オサイチジョージにとって有利な条件がいくつか重なったことは事実である。主催者発表は良馬場ながら、4開催使われて荒れた馬場は、瞬発力が爆発しにくい、先行馬に有利なものだった。また、オグリキャップの鞍上の岡潤一郎騎手は、普通の馬と違ってオグリキャップはお尻を叩かないと手前を換えないことを瀬戸口厩舎から聞かされておらず、直線でついに最後まで手前を換えさせることができなかった。また、イナリワンは削蹄を早めた影響で馬がレースの日を勘違いし、自分で身体を絞ってしまい、天皇賞・春(Gl)に比べ飼葉食いが落ちて10kgも体重が落ちていた。レースの後、ヤエノムテキに騎乗していた岡部幸雄騎手は、

「カツラギエースをやられてしまった」

とコメントし、そのコメントが広く報じられたことも、オサイチジョージの勝利がフロック視される原因となった。

 しかし、その解釈は、岡部騎手の真意を伝えてはいない。岡部騎手とシンボリルドルフがカツラギエースに逃げ切りを許したジャパンCでは、カツラギエースの後続を10馬身以上引き離した大逃げを、岡部騎手を含めた他の騎手たちが「いつでも捕まえられる」と侮った結果、ついに最後まで捕まえることができなかった。その点、オグリキャップは第4コーナー辺りで既にオサイチジョージに約2馬身差のところまで迫っており、とらえることは可能な位置にいたし、またとらえなければならなかった。岡部騎手の発言は、彼が騎乗したのがオグリキャップではなくヤエノムテキだったこと、カツラギエースとオサイチジョージの調教師が同じだったことを背景として知った上で評価しなければならない。

 もっとも、オグリキャップに関して言うならば、安田記念がその実力のピークだったと思われる。宝塚記念の時には、既にオグリキャップの衰えは始まっていた。三強のうち2頭の、特にその筆頭格だったオグリキャップが、三強以外のいわば「平幕」に完敗したこのレースは、「オグリ怪物論」に支配されていた当時の競馬界にとって、まさに革命にも等しい衝撃だった。それは、競馬界でひとつの時代が終わったことを意味していた。

 この時の宝塚記念は、オサイチジョージと丸山勝秀騎手の完勝と評されるべきものである。これが馬にとっても騎手にとっても初めてのGl勝ちであり、そして最後のGl勝ちだった。

『それから』

 宝塚記念(Gl)でオグリキャップ、イナリワンを下してGl制覇を果たしたオサイチジョージに対しては、次代の競馬界を担う新世代のエースとして、大きな期待がかけられた。長く競馬界を支えてきた「平成三強」だったが、イナリワンは既に7歳、オグリキャップとスーパークリークも6歳になっており、世代交代のときが迫っていた。新たな勢力の台頭があっても不思議ではない・・・否、なければならない時期を迎えていた。

 オサイチジョージと同期に生まれたクラシック戦線の主役たちは、既にその多くがターフを去っていった。現役として残っているのはサクラホクトオー、ドクタースパートぐらいであり、この2頭も古馬になっての戦績は思わしくなかったため、オサイチジョージこそが「ポスト・オグリキャップ」「ポスト平成三強」の最有力候補となるのは、当然のことだった。・・・だが、オサイチジョージに寄せられた期待は、無残なまでに裏切られることになった。

 秋は中長距離の王道を歩むことになったオサイチジョージは、その秋、毎日王冠(Gl)から天皇賞・秋(Gl)、ジャパンC(Gl)、有馬記念(Gl)というローテーションを歩んだ。

 しかし、まず1番人気に推された毎日王冠(Gll)では、同い年の阪神3歳S(Gl)の覇者・ラッキーゲランの4着に敗れた。骨折でクラシックを棒に振ったラッキーゲランは、当時巴賞(OP)、函館記念(Glll)を連勝して勢いに乗っていたとはいえ、オグリキャップとイナリワンを破った馬が負けてよい相手ではなかった。

 それでも天皇賞・秋(Gl)で、オグリキャップに次ぐ2番人気に推されたオサイチジョージだが、この時はもう明らかに衰えが見えていたオグリキャップにこそ先着したものの、ヤエノムテキの4着ではそう威張れたものではない。続くジャパンC(Gl)は13着とお話にならない結果に終わり、有馬記念(Gl)では、新進気鋭の4歳馬メジロライアン、ホワイトストーンにまで後れをとって4着に敗れた。しかも、この時先頭でゴール板の前を駆け抜けたのは、「終わった」はずのオグリキャップだった。

 結局オサイチジョージは、宝塚記念(Gl)の勝利の後8戦して、一度も連に絡むことすらできぬまま、91年の有馬記念(Gl)を最後に引退した。オサイチジョージにとって、宝塚記念は、文字どおり彼の一世一代の輝きとなった。

『忘れられて』

 こうして競走馬生活を終え、種牡馬入りするために北海道へと帰っていったオサイチジョージだったが、引退後の彼のイメージに暗い影を落とす事件が起こったのは、その直後のことだった。オサイチジョージがターフを去って間もない1992年4月、オサイチジョージの生涯23戦のうち22戦に騎乗して苦楽を共にした丸山騎手が、とある不祥事を起こして競馬界を追われたのである。自らの罪の代償として騎手生命を完全に失った彼が今どこで何をしているのかは、知る由もない。

 こうして競馬界から消えた丸山騎手とは対照的に、オサイチジョージの種牡馬入り当初の人気は、意外なほど恵まれたものだった。種付け料30万円という手ごろな価格が受けたこともあって、初年度は68頭に種付けして43頭、翌年も66頭に種付けして44頭の産駒を得た。

 しかし、産駒のデビューが迫った3年目の種付けは、約半数に減少してしまった。さらに、デビューした産駒は予想外に走らなかったこともあり、種付け頭数はたちまち1桁台に落ち込んでしまった。いったん落ち込んだ種付け頭数は、その後二度と回復することのないまま、種牡馬としてのオサイチジョージは馬産地から忘れられていった。

 その後のオサイチジョージは、彼を繋養していた牧場が売却された際、行方が分からなくなってしまった。1999年に種牡馬登録を抹消されたオサイチジョージが今どこにいるのかは、まったく分からない。それどころか、彼が生きているのかどうかさえも・・・。種牡馬としては完全に失敗に終わってしまったオサイチジョージだが、まさかこのような結末を見ることになろうとは、想像もしないところだった。種牡馬の世界が競争社会だとはいっても、あまりにも悲しい現実だといわなければならない。

『時代の中の彼』

 オサイチジョージというサラブレッドを語る場合、果たしてどのような評価が正当なものといえるだろうか。一般的なファンのオサイチジョージ観は、

「フロックでオグリキャップに勝った幸運な馬」
「オグリキャップのラストランに続く『終わりの始まり』を演出した馬」

 ・・・そんな、肯定的とは言い難いものが主流だろう。そういえば、彼の競走生活最後のレースを制したのは、オグリキャップ世代の最後の刺客・ダイユウサクだった。オサイチジョージは、最後の最後までオグリキャップ世代との戦いにその身を捧げ、そして敗れ去る結果となった。彼の宝塚記念の優勝も、「平成三強」「オグリキャップ世代」を引き立てる道化としての価値しか持たないかのようである。

 だが、オサイチジョージをそれだけの馬と言い切ってしまうのは、あまりにも気の毒といわなければならない。宝塚記念までは、距離適性が合わなかった菊花賞を除くと常に安定した戦いを見せていた彼は、「平成三強」に真っ向から戦いを挑み、ただ一度彼らを打ち負かすことと引き換えに、自らの競走生活のすべてを燃やし尽くしたのである。そのことこそがオサイチジョージの歴史の中での存在意義であり、彼はそうすることによって「平成三強時代」というひとつの時代に幕を引き、競馬界の歴史に自らを刻んだ。

 宝塚記念後、イナリワンはターフを去り、スーパークリークも京都大賞典(Gll)を勝ったものの、やはり脚部不安で引退した。最後に残ったオグリキャップも、天皇賞・秋、ジャパンCと惨敗し、有馬記念では最後のレースを飾ったとはいえ、その勝ちタイムは同じ日に同じ条件で行われた条件戦より0秒6秒も遅いもので、展開の助け、絶対能力の衰えは明らかだった。絶対能力の衰えを経験と技術で補うことによって得た最後の勝利は、もはやかつてのオグリキャップのそれと同じものではありえなかった。・・・卓越した実力を持つ3頭が互いに覇を競い合った時代は、やはり宝塚記念で終わっていたのである。三強と呼ばれた名馬が、三強と呼ばれない馬に打ち負かされたという事実によって、彼らの存在は時代の中で、卓越した地位を失っていたのだから。

 種牡馬として失敗したからといって、現役時代にオサイチジョージがひとつの時代にピリオドを打つという大きな役割を果たしたことまでも過小評価していいはずがない。いずれ血統図から消えていくであろう馬たちの業績を記憶し、称えることは、一人一人のファンに許された特権であり、また責務でもある。

 オサイチジョージは、競馬の「現在」の中からは、消えてしまったと言わなければならないだろう。自らの一身を持って時代を動かした1頭のサラブレッドは、過酷な運命の中に消えていった。そんな悲しい現実を知る我々にできることは、今後彼の記録や記憶に触れる場合、ほんの少しでも彼のことを思い出すことしかないのかもしれない。「オグリキャップの仇役」・・・いや、そう呼ぶにも物足りない時代の端役の一発屋としてではなく、ひとつの時代の幕を引き、歴史に関わった馬として。それが、残酷な時代の波の中へと消えていった悲運のGl馬に対するせめてもの償いとなるのだから―。

1 2 3
TOPへ